「Doc’s Best Cement」

削らずにむし歯を治す次世代の治療法

当院では薬とセメントを使ってむし歯を治す画期的な自費治療「Doc’s Best Cement(ドックスベストセメント)」を導入しています。

Doc’s Best Cement(ドックスベストセメント)は、血液内にあるミネラルと同じ銅イオンの効果で細菌を死滅させてむし歯を治すことができます。
歯や神経を残す治療ですので歯の寿命を延ばすだけではなく、全身の健康に関わる「歯源病」に対して非常に有効な治療と言えます。

Doc's Best Cement(ドックスベストセメント)の特徴

○むし歯を削らない
従来療法のような根幹を削らず、患部を洗浄し無菌化した状態にペースト状のドックスベストセメントを充填します。

○痛くない
削るなどの痛みを伴う行程がありません。

○短期治療
1回の診療で、洗浄から充填まで行いますので、短期間で治療できます。

○再発しない
ドックスベストセメント自体に殺菌効果があり、治療した部分の進行や再発がありません。

ドックスベストセメント治療の流れ

[STEP1] 口腔内の清掃

むし歯の部分をきれいに洗浄・消毒します。

next

[STEP2] 塗布

むし歯の部分にドックスベストセメントを詰めます。

next

[STEP3] コーティング

プラスチックやセラミックにより患部をコーティングして終了です。

※ドックスベストの適用症例を正しく診断することで、長い持続性のある治療効果が期待できます。