RAMPA(ランパ)| 高畠歯科クリニックは、子供たちの未来のために「RAMPA」(ランパ)を選択しました。

お気軽にお問い合わせください 0238-58-0814 アクセスマップ 高畠歯科クリニック 診療時間 9:00 ~18:30 (休憩13:00~14:30) 休診日 日曜日・木曜日・祝日

高畠歯科クリニック

RAMPA ランパ

マイナス1歳からの予防 高畠歯科クリニック アクセスマップ

子供たちの未来のために、当院は「RAMPA」を選択しました。

お子様にこんな症状ありませんか?

  • ○常にお鼻が詰まっている
  • ○鼻ではなく口で息をしている(口呼吸)
  • ○鼻炎がある(アレルギー性鼻炎)・良く中耳炎になる
  • ○寝ているときに『いびき』をかく
  • ○姿勢が猫背である
  • ○歯と歯の間に隙間がない(歯並びが良くない)

上記は「上顎骨の発育不良による呼吸障害」に見られる症状です。気になる方は一度ご相談ください。

歯並びよりもはるかに大事な『異常な呼吸の改善』『理想的な呼吸路(気道)の獲得』に重きを置いた治療を目指しています。また、この治療を行うことにより慢性的な鼻疾患を有するほとんどの患者さんで症状の改善が得られています。

RAMPA(ランパ)

RAMPAは特殊な装置で上顎骨を成長させ呼吸を改善するという世界最先端の治療です。

成長が盛んな4歳から10歳位までに開始するのが理想的で、その後少なくとも12歳位で臼歯が生えてきて安定するまでの間、経過を見ていきます。(12歳まで継続して装着するわけではありません。)

10歳以上のお子様はその成長や症状に応じて判断しますので一度ご相談ください。お子様にとっての最善策を一緒に考えていきましょう。


RAMPAセラピーは歯並びだけを見るのではありません

RAMPAセラピーはお口の中の歯並びだけを見るのではなく、人間にとってもっと大切な問題の解決を目的としています。歯並びが気になってご来院頂くお子さまの多くが呼吸に問題を抱えております。

呼吸には舌の位置が大きく影響しており、舌の位置は上下の歯に囲まれた空間によって決まります。その空間が中顔面の発育不足により狭いままにしておくと、舌を下げたり後ろに引くなど気道を狭くして呼吸の問題を引き起こすのです。

RAMPAセラピーは従来、外科処置でなければ対処が難しいとされていた、呼吸に問題のあるお子様の「顔面の歪み」を取り除き本来の正常な呼吸形態へと導いていきます。
詳しくは解説動画をご覧下さい。

RAMPA(ランパ)とは

RAMPA(ランパ)とは

顔面や顎の成長発育を自然に理想的な形に近づけることにより、健全な呼吸・咀嚼(咬むこと)・嚥下(飲みこみ)・発語などの口の中の機能を十分発揮できるようにすることを目的とした小児矯正方法です。中顔面の前方成長を促し、顔面の歪みを取ることで、歯並びをはじめ、呼吸器系の疾病(ぜん息など)様々な体調の改善が望めます。


当院は、こどもたちの健康な発育のためRAMPAを導入しました

Mew先生と

以前から、お口が「ぽかん」と開いている、鼻で呼吸ができずに口で呼吸をしているお子さんは多く見られました。Mew先生に出会うまでは特に気にしていませんでしたが、初めてRAMPAを知った時は衝撃的でした。

導入してから数年が過ぎましたが、治療後の患者さんが増えるにつれて、RAMPAに出会えて良かったと心から思います。

学校の授業中に居眠りをしてしまう、集中力が続かない等のお子さんは、もしかすると十分な発育ができていないことによる口呼吸が原因かもしれません。
お子さんの歯並びでお悩みの方もぜひご相談下さい。

健康な口腔の発達はこどもたちの未来に必ず良い影響があるはずです。

PAGE TOP