入れ歯 インプラント | 山形県高畠町にある 「痛くない予防歯科」 高畠歯科クリニックです。噛めない入れ歯で諦めていませんか?

お気軽にお問い合わせください 0238-58-0814 アクセスマップ 高畠歯科クリニック 診療時間 9:00 ~18:30 (休憩13:00~14:30) 休診日 日曜日・木曜日・祝日

高畠歯科クリニック

入れ歯・インプラント

マイナス1歳からの予防 高畠歯科クリニック アクセスマップ

昔のように食事がおいしく頂けるように・・・

入れ歯 インプラントで美味しく食事をいただきませんか?

「入れ歯は多少痛くても、違和感があってもある程度は我慢しなければいけないもの」とお思いの方はいらっしゃいませんか。それは大きな間違いです。高畠町にある歯科「高畠歯科クリニック」では、患者様お一人おひとりに最適な入れ歯をご提案します。

入れ歯はしっかりと合っていれば、痛みや違和感はほとんどないものです。これから入れ歯を検討されている方も、すでにお使いの方も、どうぞお気軽にご相談ください。


入れ歯は噛みにくいものとあきらめていませんか?

入れ歯にどのようなイメージを持っていますか?
入れ歯は「しっかり噛めない」、「外れやすい」といったイメージが強いかもしれません。そのようなイメージを持ってしまう原因は、自分に合わない入れ歯を我慢して使い続けている方が多いからです。自分にしっかりと合う入れ歯なら、きっと使用感に満足していただけるはずです。

当院では、患者様一人ひとりのお口にぴったりな入れ歯を作製いたします。また、修理や調整もお任せください。使用感が悪い、見た目が不自然など今まで敬遠されてきたデメリットを改善した新しい入れ歯をご提案いたしますので、お気軽にお問い合せください。


全顎の入れ歯(総入れ歯)

全顎の入れ歯(総入れ歯)は健康保険が適応されるものとされないものがあり、健康保険が適応される入れ歯はプラスチック製のものに限定されます。それ以外の素材や治療法を選択する場合は、自費診療となりますが、多種多様な素材のものがあり、ライフスタイルやニーズに合わせた入れ歯を作ることができます。

保険が適応される全顎の入れ歯

>保険が適応される全顎の入れ歯

保険適応内の入れ歯とは、総入れ歯とも呼ばれるもので、床部分がプラスチックでできています。そのため厚くなりやすく、不安定で使用時に違和感があります。しかし、コストが安く修理しやすいというメリットもあります。


金属床の入れ歯

金属床の入れ歯

金属床の入れ歯とは、義歯の床が金属でできているものです。金属の特性を活かし、薄く加工することができるため違和感が少なく、会話をしやすいというメリットがあります。また金属のため熱伝導性に優れていて食事の温度が伝わりやすくおいしい食事をとることができます。強度があるので壊れにくく、変形しにくいため大切に使えば長く使用することも可能です。


部分入れ歯

歯の一部を失い、ブリッジ治療が難しい場合、部分入れ歯で治療をします。全顎の入れ歯と同様保険適応のものと、適応外のものに分けることができます。

保険の入れ歯

>保険が適応される全顎の入れ歯

保険適応の部分入れ歯はクラスプと呼ばれる金属がついています。このクラスプで固定するため、両隣の健康な歯にも負担をかけます。また、金属のためお口の中で目立ったり、金属アレルギーのリスクもあります。


ミラクルフィット

ミラクルフィットとは、大阪の中川瑛雄先生によって考案された入れ歯で、全国の入れ歯を研究する歯科医師が集まり、今もなお進化しています。
(特許登録済み 第3928102号・第4270576号・第4270578号)

上顎が抜けているため食べものの温度や風味を損ないません。また、噛む力に優れていて固いものから軟らかいものまで噛むことができます。まるで装着をしていないように軽く、外れにくいのも特徴です。

ミラクルフィット

ミラクルフィット
  • 24時間装着が可能なほど、違和感や歯牙に対する圧迫感がありません。
  • 残存歯を保護し、傷めにくい構造です。
  • 金属部分がありませんので、軽くて小さく、見た目もスッキリ!
  • 味覚や話すことにも影響がありません。

ミラクルデンチャー

ミラクルデンチャー
  • 義歯の裏側に金属を使用することで、ミラクルフィットよりも薄くする事が出来ます。

どちらも従来の義歯と違い歯にバネをかけない為、
自分の歯に負担をかけません。

ミラクルデンチャー


グラグラする歯もミラクルデンチャーを使って頂くと、しっかり固定することが出来ます!

ココデント

ココデント

ココデントとは、薬事認可されている歯科用素材を応用し、特殊な製法により製作されたメタルレスを目的としたノンクラスプ義歯です。


入れ歯のお手入れ方法

高畠歯科クリニックではたくさんの方から入れ歯に関するご相談を受け、しっかりと噛むことのできる快適な入れ歯をご提案しています。入れ歯をずっと快適に使用するためは、定期的なメインテナンスと毎日のお手入れが必要不可欠です。

歯にプラークが付着して、しばらくすると歯石ができるように、入れ歯にもプラークや歯石が付着します。 入れ歯を掃除しないとそこに食べかすがたまり、細菌が繁殖しやすくなってきます。毎日のお手入れで快適な入れ歯生活を送りましょう。

[STEP1] 水洗い
まず入れ歯をはずして水洗いし、食べかすを流します。入れ歯に付いたヌルヌルもしっかり落としましょう。
[STEP2] 専用のみがき剤でブラッシング
入れ歯専用のみがき剤 (研磨剤が入っていないもの) で入れ歯全体をブラッシングします。 歯磨き粉には研磨剤が入っているため入れ歯を傷つけてしまう恐れがある為、ご使用はお控えください。
[STEP3] 洗浄剤に浸ける
就寝時には入れ歯を洗浄剤に漬けておきましょう。 入れ歯をきれいにすることはもちろん、保存状態もよくなります。

入れ歯の簡単洗浄液 ”ピカッシュ”

入れ歯は、長期間使用していると「におい」や「ぬめり」が気になることがあります。これらはお口の中に雑菌が増えてしまったことが原因です。「におい」や「ぬめり」を解決するには、こまめな洗浄とお手入れをしなければなりません。しかし、雑菌は非常に小さいので細かい隙間にも潜んでいます。そのためご自身のケアだけではすべてを取り去ることは非常に困難です。

そこで、当院では抗菌コーティング「ピカッシュ」を採用しました。「ピカッシュ」は殺菌力に優れている銀イオン(Ag+)で入れ歯をコーティングし、雑菌を寄せつけません。手間をかけずにすっきりと快適な毎日を送ることができます。1度の塗布で2~3ケ月効果が持続し、また安全性にも優れていて身体に影響もありません。


インプラント

歯の失われた部分のアゴ骨に、人工的の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に歯を取付ける方法です。  天然の歯とほとんど変らない感覚で、モノを噛んだり、会話を楽しむことが出来ます。 インプラント治療には、綿密な治療計画が必要です。 まずは、お気軽にスタッフにご相談下さい。


インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 咀嚼能力(かみ合わせの力)が高いので、硬いものを食べたり、力強く歯をくいしばることができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることができる
  • 自然の歯に近い機能が期待できるので、装着後の違和感や外れてしまう心配がない
  • 歯を失った箇所は顎の骨が自然に減ることがあるが、インプラントは直接顎の骨に埋め込むので咀嚼の刺激が顎の骨に伝わるので衰退を防止することができる
  • 定期的にメンテナンスを行うことで、長持ちさせることができる

インプラントのデメリット

  • ブリッジに比べると治療時間が長期間かかる(個人差あり)
  • 手術になるので、状態により適応とならないケースもある他、比較的費用がかかる
  • 家庭での適切なブラッシングや医院での定期メンテナンスが必要になる(通常少なくても、半年に一回のメンテナンスが必要)

インプラントのよくある質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?
最低16歳以上で、年齢の上限はありません。
インプラントの治療期間はどのくらいかかりますか?
症状差や個人差がありますが、約3~6ヶ月かかります。通院回数は約6~8回くらいです。
治療費はどのくらいかかりますか?
インプラント治療は自由(自費)診療ですので、診察を含め保険はききません。
事前にご相談ください。
治療の間歯が無いところはどうしますか?
仮歯や仮の入歯を入れておきます。 見た目にも食事にも問題ありません。
インプラントはどのくらい(寿命)もちますか?
インプラント自体はチタン製で錆びたり変質が無く半永久的です。
毎日の歯みがきをし、定期検診(半年に1回程度)を受けましょう。
インプラントの手術は痛くないです?
局所麻酔を行いますのでほとんど痛みを感じません。処置時間は、約1~2時間くらいです。

PAGE TOP