予防歯科 (むし歯予防) | 山形の痛くない予防歯科 高畠歯科クリニック

お気軽にお問い合わせください 0238-58-0814 アクセスマップ 高畠歯科クリニック 診療時間 9:00 ~18:30 (休憩13:00~14:30) 休診日 日曜日・木曜日・祝日

高畠歯科クリニック

歯周病治療

マイナス1歳からの予防 高畠歯科クリニック アクセスマップ

歯の健康のために、定期的なクリーニングを

予防歯科って何?

むし歯や歯周病を予防して健康的な生活を送りましょう

予防歯科って何でしょうか?
予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つ治療のこと。
虫歯や歯周病を治すための治療ではなく、そもそも虫歯や歯周病にしないための予防治療です。

もしかしたら、
「たかが虫歯や歯周病。死ぬわけではないし、
 そんなに一生懸命予防しなくてもいいのでは・・・?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも実は、虫歯歯周病を予防しないでいると、早産を引き起こして元気な赤ちゃんを産めなくなったり、口臭で家族や友人に嫌われてしまったり、ボケやすかったり・・・・・・。あなたやあなたのお子さんの健康や生活に大きな影響があるのです。


むし歯や歯周病が与える悪影響

(1) 健康な赤ちゃんが産めない
歯周病にかかっていると、早産のリスクが7.5倍になると言われています。
(2) 子供が肥満になったり、病気がちになる
虫歯の多い子はモノがよく噛めないので、偏食になりがちです。栄養が偏った結果、肥満になったり、病気がちになる子が増えています。
(3) 好きなものを食べられなくなる
虫歯や歯周病が原因で総入れ歯になると、自分の歯で噛む場合の1/4しか噛めないといわれています。そのため固いものが食べづらくなり、好きなものを食べられなくなってしまいます。
(4) 口臭で家族や友人に嫌われる
口臭の原因の大半は歯周病です。家族や友人に「口が臭い」と嫌われたら、楽しくお話することもできなくなってしまいます。
(5) 老けた顔になる
虫歯や歯周病が原因で入れ歯になると、口の周りに細かなシワができやすいため、老けた印象の顔になってしまいます。
(6) ボケやすい
虫歯や歯周病で歯を失うとよく噛むことができなくなります。その結果、脳への刺激が少なくなり、ボケやすいと言われています。

いかがですか?
もう「たかが虫歯や歯周病」とは言っていられないと思います。
あなたやあなたのお子さんが、将来に渡って健康な生活を送るために、虫歯や歯周病を防ぐことはとても大切なのです。

どうすれば虫歯や歯周病を防げるの?

「それでは、どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」
「私は毎日歯を磨いているのに虫歯になってしまったけど・・・?」

そんな疑問をお持ちになった方も多いのではないでしょうか。
今や毎日歯を磨く日本人の割合は95%以上。それにも関わらず、96%の人が虫歯にかかり、80%以上の人が歯周病にかかっているのが現状です。

なぜ毎日歯を磨いているのに、虫歯や歯周病になってしまうのでしょうか?
その理由は、
・念入りに歯磨きしていても、すみずみまできれいにするのはとても難しいから
なのです。
歯のプロである歯科衛生士でも、歯に着いた汚れをすみずみまでキレイに落とそうとすると、歯磨きに20分くらいの時間がかかります。普通の人で20分も磨く人はいないでしょうから、どうしても磨き残しが出てしまう。この磨き残しが原因で虫歯や歯周病になってしまうというわけなのです。

でも逆に言えば、磨き残した汚れを落とせれば、虫歯や歯周病を防げるということ。
実際、この磨き残した汚れを落として虫歯歯周病激減させた国が北欧に存在します。それがスウェーデンです。

ではここで、スウェーデンについて少しお話をしましょう。
今からおよそ30年前のスウェーデンは、虫歯の洪水と言われるほど虫歯や歯周病が多い国でした。
「このままではいけない」と危機感を持った政府は、国を挙げて予防歯科治療に取り組むことにしました。

予防歯科治療の内容を具体的にご説明すると、
・国民に定期的に歯科医院を受診させて、
・歯のプロである歯科衛生士が専門の機械を使って
高度なスキルで「磨き残した汚れ」を徹底的に落とした

のです。


この予防歯科治療を数か月に1度の割合で行ったところ、虫歯や歯周病はみるみる減少
今では虫歯は日本の半分以下、歯周病は日本の1/4以下まで激減しました。(右上のグラフ)
このように、数か月に1度の割合で予防歯科治療を受けると、虫歯や歯周病を予防できるということが、スウェーデンの事例から証明されました。
日本でも同じように、予防歯科の治療を受けていただければ、虫歯や歯周病を防げる可能性はグッと高まるのです。

予防歯科治療ってどんなことをするの?

先ほど、予防歯科では歯科衛生士が専門の機械を使って、高度なスキルで磨き残した汚れを落とす・・・というお話しをしました。
でも実は、これ以外にも予防歯科で行う治療がありますので、こちらではどんなことをするのかをより具体的にご紹介していきたいと思います。

(1)虫歯や歯周病の検査
(1)虫歯や歯周病の検査
特殊な器具やレントゲンを使って、虫歯や歯周病にかかっていないかを検査します。
既に虫歯や歯周病にかかっている場合は、まずは虫歯や歯周病を治してから予防歯科の治療を行う必要があるからです。

(3)プロのお掃除
(2)プロのお掃除
ふだん歯ブラシで念入りに磨いているつもりでも、歯と歯の間歯と歯茎の境目歯の細かい溝といった場所にこびりついた汚れは磨き残してしまいがち。前にもお話しましたが、実はこの磨き残した汚れが虫歯や歯周病の原因です。
歯のプロである歯科衛生士が、高度なスキルで磨き残した汚れを完全に落としてキレイにするのがプロのお掃除です。

(5)効率の良い歯の磨き方をレクチャー
(3)効率の良い歯の磨き方をレクチャー
予防歯科の治療を受けたからといって、毎日の歯磨きをおろそかにして良いわけではありません。
予防歯科の治療は、毎日の歯磨きにプラスしてこそ、その効果が発揮されるものだからです。
しかしだからといって、闇雲に歯磨きをしているのでは、効果は限定的。そこで歯のプロが、効率の良い歯の磨き方をレクチャーさせていただきます。

(6)虫歯や歯周病になりにくい生活習慣についてのアドバイス
(4)虫歯や歯周病になりにくい生活習慣についてのアドバイス
歯を磨くタイミング、食事のとり方、おやつの食べ方等の生活習慣は、ちょっとした工夫で虫歯や歯周病にかかりにくくすることが可能です。
あなたの生活習慣をヒアリングしながら、虫歯や歯周病にかかりにくい生活習慣の身につけ方をアドバイスさせていただきます。

いかがですか?
これらの治療を必要に応じて組み合わせて行っていくのが予防歯科治療です。
先ほどもお話しましたが、予防歯科の効果はスウェーデンで実証済み。
虫歯や歯周病にかからずに、将来に渡って健康的な生活を送るため、あなたも予防歯科の治療を受けてみませんか?

抜かない!削らない!そのための予防です。

歯科の2大疾患であるむし歯と歯周病のリスクをしっかりと把握し、「病気にならないお口の環境づくり」を目指します。
むし歯と歯周病は「バイオフィルム感染症」という原因となる菌がある病気です。むし歯菌、歯周病菌の原因となる菌の数を抑えることで予防していきます。そのための検査と歯科衛生士によるプロのお掃除を当院ではお受け頂けます。

当院では以下の検査を成人の基本検査として行っております。

  • ・位相差顕微鏡検査
  • ・むし歯、歯周病の検査
  • ・レントゲン撮影
  • ・プラークチェック
  • ・口腔内写真の撮影

位相差顕微鏡
位相差顕微鏡検査
位相差顕微鏡で歯周病菌の有無,種類,運動性を確認します。


しっかり詰め物をしても、また虫歯になるのは、なぜ?

  • ・詰め物には10ミクロン(1/100ミリ)の隙間ができてしまいます。
    虫歯の大きさは1ミクロン程度であるため、隙間から細菌が入り込みやすく、酸に溶けやすい歯の内部から虫歯が急速に進行してしまいます。
  • ・治療した歯の寿命は40年(熊谷医師の統計)であるといわれています。

詰め物と歯の間からの二次的な虫歯

早期発見が予防の基本です

  • 口腔内の検査
    メンテナンスの流れ ①
    口腔内の検査
  • 口腔内の写真撮影
    メンテナンスの流れ ②
    口腔内の写真撮影
  • 歯科衛生士によるプロのお掃除導
    メンテナンスの流れ ③
    歯科衛生士によるプロのお掃除
  • 食事指導や生活習慣のアドバイスを含めたホームケアのご提案
    メンテナンスの流れ ④
    食事指導や生活習慣のアドバイスを含めたホームケアのご提案
  • 定期的な検査とお掃除
    メンテナンスの流れ ⑤
    定期的な検査とお掃除

PAGE TOP